文字サイズ

堀口恭司、史上初2冠 聖地MSGで快挙!ベラトール王座も奪取

 「ベラトール222」(14日、ニューヨーク)

 ベラトール世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米国ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催され、RIZINバンタム級王者の堀口恭司(28)=アメリカン・トップチーム=が王者のダリオン・コールドウェル(31)=米国=に3-0(48-47、49-46×2)で判定勝ち。聖地MSGで、史上初となるRIZIN、ベラトールの2冠を達成した。

 両者は昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで開催された「RIZIN.14」で対戦した。前半劣勢だった堀口が3回にタックルでテイクダウンを取られた後、一瞬の隙を突いてフロントチョークを決めて逆転の一本勝ち。RIZINバンタム級の初代王座を獲得した。

 6カ月を経ての再戦は、コールドウェルが主戦場とするベラトールを舞台に、堀口が挑戦者として挑む。前回リングだった戦場は今度はケージ。試合は5分×5ラウンド制。他にも細かい点でベラトールに慣れているコールドウェルに分があると見られ、現地ブックメーカーのオッズでも前回負けているコールドウェルが有利という数字が出ていた。

 積極的に出てくるコールドウェルに堀口は初回、2回とテイクダウンを奪われ、押し込まれる。しかし3回にマウントポジションを取り、浅いながらもパウンドを仕掛ける。コールドウェルはスタミナ切れの兆候も見せ始め、流れが変わった。4回もギロチンを狙うなど見せ場をつくった堀口は、最終回も右目下をカットしながらもコールドウェルの攻撃を許さなかった。

 判定はテイクダウンを取られながらも試合をコントロールした堀口を支持。勝利者インタビューでは「すいません。つまんない試合で申し訳ないです」と第一声。「最初からあまり飛ばさず、自分から仕掛けずに最終ラウンドで勝負仕掛けようと思ってたんですよ」と後半勝負で勝利をつかんだ。ベラトールのベルトを腰に巻き、RIZINのベルトを肩にかけ、聖地で勝利の雄叫びをあげた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス