文字サイズ

メイウェザー氏、日本に家を持つと宣言 エキシビションは交渉中と説明

 会見で来日の目的について語るメイウェザー=都内(撮影・開出牧)
会見でポーズを決める(右から)吉田実代、井岡一翔、メイウェザー、京口絋人(撮影・開出牧)
 笑顔でポーズを決めるメイウェザー=都内(撮影・開出牧)
3枚3枚

 ボクシング元5階級世界王者のフロイド・メイウェザー氏(42)が13日、都内で会見を開いた。今後、エキシビションマッチを行う計画があるといい、ホテル業、飲食業などを日本で展開するため、日本に住居を構える計画があることも明かした。

 昨年の大みそかにキックボクシングのRISE世界フェザー級王者・那須川天心と行ったようなエキシビションマッチをする可能性については、「今回、来た時には何カ所かと打ち合わせをしていた。カードまでは決まってないですけど、交渉はしている段階」と応じた。また、「今のところ、1人も決定しておらず、これから決めたいと思っています」とした。ただ、すでに現役は引退している立場のため、期待されるようなWBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)との再戦などは考えておらず、キックボクシングやMMA(総合格闘技)の選手が相手になる見通しだという。

 日本に家を持つのは、米国との度重なる長距離移動が理由だと説明した。昨年も7、8回は日本に来ていたといい、「日本を中心にアジアでビジネスをしたいと考えているので、日本に家を持つのは当たり前と思っております」と語った。

 なお、この日の会見も予定よりも約1時間半遅れて始まった。これも「ジェットラグ(時差ぼけ)」により、「とても疲れていた」ことが理由だという。「皆さんには申し訳ない」と謝罪しつつ、早い段階で日本国内に住居を持つことを希望していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス