文字サイズ

新日本あわや“城ホール暴動”の再現…オカダがジェリコに辛勝もマイクなしに騒然

 「プロレス・新日本」(9日、大阪城ホール)

 IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)が同王座初挑戦のクリス・ジェリコ(48)を逆転のエビ固めで破り、2度目の防衛に成功した。だが、試合後にジェリコの激しい暴行でKOされ、締めのマイクアピールをできずに退場。消化不良の結末に、超満員札止め1万1901人の観衆は一時騒然となった。

 世界最大のプロレス団体WWEで多くのタイトルを獲得した大物レスラーで、移籍した新団体AEWでもトップレスラーの1人であるジェリコを初めて迎え撃った日本の第一人者オカダ。3回放った必殺のレインメーカーをすべてかわされるなど、ジェリコの老かいでラフなファイトに苦戦したが、最後はジェリコの得意技コードブレイカーを食い止め、回転エビ固めに移行したところを崩してエビ固めで丸め込み、辛くも勝利を手にした。

 しかし、直後にダメージの少ないジェリコはオカダに猛烈な暴行を開始。パイプイス攻撃、ローリングエルボーの得意技ジュダス・エフェクトなどを見舞い放送席のテーブルにパワーボムでたたきつけようとしたが、解説を務めていた棚橋弘至が助太刀に入って阻止した。

 ジェリコは「ペインメーカー(ジェリコの異名)は負けない。オレこそが史上最強のレスラーであることに変わりはない」などとほえ、敗者にもかかわらず花道から去っていった。一方、KO状態のオカダは締めのマイクアピールができないまま、棚橋の肩を借りて退場。だが、直後に大会終了がアナウンスされると、現代プロレスでは珍しい消化不良のフィナーレに、場内は一時騒然となった。

 奇しくも、新日本にとって大阪城ホールは、87年3月に海賊男の不可解な乱入によって暴動が起こった因縁の場所。その再現も心配されたが、幸いにも大きな混乱は起こらなかった。

 ノーコメントに終わったオカダに対し、ジェリコは勝者のように熱弁。インタビューで「事実上オレの勝ちだ。ただ、オカダはオレは今まで戦った中で最高峰のレスラーだ。それは認める。棚橋もすばらしいレスラーだ。ただ、オレの邪魔をした。そこは許せない」などとほえまくった。

 さらに、「オカダよ、いつか戦おう。棚橋、いや、バカ橋、お前と戦うことも約束しておいてやる」と両者と対戦する意志を明言。続けて、「ジェリコ対オカダ、棚橋のハンデキャップマッチでもいい。東京ドームでもすぐにチケットは売りきれるぜ。G1クライマックスに出てもいいぞ。オカダも棚橋も出るんだろ」と真夏の祭典出場も示唆した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス