文字サイズ

WBC、拳四朗が6度目の防衛戦 ライトフライ級、7月に大阪で

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者で27歳の拳四朗(BMB)が22日、東京都内で記者会見し、7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級1位ジョナサン・タコニン(フィリピン)との6度目の防衛戦に臨むと発表した。「僕の試合の流れで倒せたら」と意気込んだ。

 サウスポーで32歳のタコニンとは、かつてフィリピン合宿のスパーリングで拳を交えたことがあるといい「パンチのある選手。足を使って(パンチを)もらわないように気をつけたい」と語った。同じ階級の具志堅用高が達成した世界王座13連続防衛の日本記録を目標に掲げ、他団体との統一戦にも意欲を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス