文字サイズ

大仁田厚が絶叫「愛していました」両足手術前夜も…馬場さんにささげる鎮魂の白星

 グレート小鹿をイスで攻撃する大仁田厚
1枚拡大

 「プロレス・ジャイアント馬場没20年追善興行」(19日、両国国技館)

 99年1月31日に死去したジャイアント馬場さん(享年61)の没20年追善興行が9団体の59選手を集めて開催された。馬場さんのライバルだった元プロレスラーのアントニオ猪木参院議員(75)が、2人が最後にタッグを組んだ79年8月以降では初めて馬場さん関連の興行に来場し、「1、2、3、ダー!!」を絶叫。また、12年1月に現役引退したアブドーラ・ザ・ブッチャー(78)の引退セレモニーも行われた。

 大仁田厚が鎮魂の白星をささげた。翌日に両足の人工関節手術を控える身ながら奮闘。8人タッグのデスマッチで有刺鉄線ボードにたたきつけられて頭部から流血しながらも、机上脳天くい打ちをさく裂させるなどの大暴れで勝利を呼んだ。

 馬場さんが設立した全日本プロレスの新弟子第1号である大仁田。試合後にマイクを持つと、「私はジャイアント馬場さんの5代目の付き人です。ハッキリ言って、ボクは最低の付き人です。だけど、ジャイアント馬場さんを、社長を愛していました」と絶叫した。

 インタビューでは「馬場さんに『電流爆破やりませんか』と言ったら、『それは痛いのか』と。それを聞いたときに、ボクは生まれて初めて人間の大きさを知りました。この人は大きいんだと」と思い出話を披露。「明日手術ですけど、悔いなく手術台に上がれますので、今日は馬場さんのためにありがとうございました」とファンに感謝した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス