文字サイズ

第0試合登場の鈴木みのる 怒り狂う「これ以上ない屈辱」

 田口隆祐からヒップアタックを受ける鈴木みのる=東京ドーム(撮影・堀内翔)
2枚

 「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム)

 第0試合はNEVER無差別級6人タッグ王座への挑戦権を懸けて、5チームによるガントレットマッチが行われ、真壁、矢野、田口組が、鈴木軍のスミスを矢野が横入り式エビ固めで下し、勝利。5日の後楽園大会での王座挑戦権を手にした。

 新年早々敗れた“世界一性格の悪い男”こと鈴木みのるは「1年前に俺がぶち壊したはずの棚橋がメインに立ち、そしてただのファミコンのエディットレスラーのケニー・オメガがベルトを持ってメインに立つ。鈴木軍は第0試合。これ以上ない屈辱。こんなに悔しい思いは初めてだ」と怒り狂い、「おい!新日、棚橋、ケニー、オカダ…全員に告ぐ。俺たちの逆襲が始まるから、覚悟しておけ。鈴木軍、イチバ~ン」と、ねっとりとした口調で宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス