文字サイズ

ジェリコが大胆要求「IWGPヘビー級に挑戦させろ」内藤哲也に敗れIC王座陥落も

 竹刀でクリス・ジェリコ(手前)を攻める内藤哲也
チャンピオンベルトでクリス・ジェリコ(左)を攻撃する内藤哲也=東京ドーム
チャンピオンベルトでクリス・ジェリコ(左)を攻撃する内藤哲也=東京ドーム
3枚3枚

 「プロレス・新日本」(4日、東京ドーム)

 IWGPインターコンチネンタル選手権が行われ、挑戦者の内藤哲也(36)が王者クリス・ジェリコ(48)を22分35秒デスティーノからの片エビ固めで撃破し、王者に返り咲いた。ノーDQマッチ(反則裁定なし)で行われ、竹刀やパイプ椅子などの凶器攻撃も飛び出たが、最後は内藤がベルトで強襲し、必殺技で3カウントを奪った。

 ジェリコは反則なしルールを最大限利用し、序盤から竹刀やパイプ椅子などの凶器攻撃を繰り出し、ペースをにぎった。また、若手時代からの必殺ムーブであるライオンサルト(セカンドロープからのムーンサルトプレス)を48歳になっても繰り出し、冬木軍で共闘した故冬木弘道さんへのリスペクトをあらためて示すように「フユキサーン」と叫びながらマッチョポーズを披露するなど、新旧のファンを魅了した。

 最後は自ら持ち出したベルト攻撃をかわされ、逆にベルトで強襲されてからのデスティーノに散ったが、試合後は怒り心頭。「お前ら、何が起こったかしっかり見ていたか。大事なベルトで頭に奇襲を仕掛けて、そのベルトを奪うなんて、あまりに尊敬のかけらもないことをしたあの男(内藤)を新日本プロレスや皆さんは称賛するのか。日本人は尊敬を重んじるはずなのに、そういうことを軽んじた男を見てどう思うのか」。先にベルト攻撃を仕掛けた自身を棚に上げて内藤を批判した。

 昨年6月に内藤から奪ったベルトを失ったばかりだが、「これで俺と新日本プロレスとの時間が終わると思ったら大間違いだ。俺は2018年にインターコンチのベルトを1番長く保持していた男だ。だから言わせてもらう。俺はIWGPヘビー級のベルトに挑戦したい」と“理不尽”な要求を繰り出した。

 次の参戦は未定だが、「これは東京スポーツもベースボール・マガジン(週刊プロレス)もニューヨーク・タイムズもしっかり書くといい。クリス・ジェリコはIWGPヘビー級に挑戦しチャンピオンになる。わかったか!」とまくし立て、会場を後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス