文字サイズ

山中王座奪回へグローブ変更「つけ心地いい」米国製かメキシコ製に

 グローブ変更を示唆した山中
1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(3月1日、両国国技館)

 王者ルイス・ネリ(23)=メキシコ=に雪辱して王座奪回を目指す同級1位の山中慎介(35)=帝拳=が8日、都内の所属ジムで5回のスパーリングを行い、グローブを愛用してきた日本製からメキシコ製か米国製に変更する意向を示した。

 山中は理由について「チャンピオン側が日本製ではないのを使ってくると聞いたので、ボクも同じものを使おうと。メキシコ製も米国製も評判がいいので興味もあった」と説明。この日は3種のグローブを試しながら練習した。

 米国製は「つけ心地が良かった」、メキシコ製は「フワフワしていて、よく聞く拳に伝わりやすい、というのはあった」と、感触はともに上々で、9日も試して選択する。“神の左”が装いを新たにして再び世界をつかむ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス