文字サイズ

RIZINのギャビ・ガルシアが実に12・7キロオーバー 神取は激怒の退場

大幅に計量オーバーしたギャビ・ガルシア(左)に激怒する神取忍=都内
1枚拡大

 「RIZIN」(29日、さいたまスーパーアリーナ)

 格闘技イベント「RIZIN」の29日開催分の公開計量が28日、都内で行われ、女子プロレスラー・神取忍(53)=LLPW-X=と95・0キロ契約で対戦予定の柔術家ギャビ・ガルシア(32)=ブラジル=が、実に12・7キロもオーバーする前代未聞の大失態を起こした。

 この試合は95・0キロ契約。ふだんは75キロでファイトしており、コスチューム姿で問題なくクリアした神取は「何だよ、これ!?どうなってるんだ!?」と、計量会場に怒号を響かせながら退場した。ギャビは無言のままだ。

 マイクを握ったRIZINの榊原信行実行委員長は「ルール側と競技側で引き取って調整します」としつつも、「競技として成立しない。やらせられる体重でない」と実現には悲観的で「プロとしてあるまじき行為」と、ギャビを厳しく非難した。

 高田延彦統括本部長も「仕事放棄と同じようなものです。看過できないミスを犯したと個人的には思っています。非常に落胆しました。ガッカリしました。多くの人を裏切ってしまいました」と、榊原氏と同じくギャビを厳しく非難。

 試合の実現については「現状ではやらせるわけにはいかない限界点に来ています。非常に危険も伴います」としつつも、神取の意見を尊重した上で「あくまで安全面第一ということで、試合をやるかやらないか早急に発表したい」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス