文字サイズ

25周年のJWPがラスト興行 女子プロレス日本最古の団体名と別れ

 「プロレス・JWP」(2日、東京・後楽園ホール)

 最後の興行となる25周年大会を行い、現存する日本女子プロレス最古の団体名と別れを告げた。OGの福岡晶、日向あずみ、宮崎有妃、阿部幸江がこの日限りの復帰戦を行い、ファンは大喜び。メインでは最後のJWP認定無差別級選手権が行われ、王者の中森華子が倉垣翼を下してV3を果たした。

 試合後、キューティー鈴木、ダイナマイト関西ら関係者30人以上がリングに集合。団体を率いるコマンド・ボリショイがリング上にジャージーとJWP王座のベルトを置き、JWPとしての活動にピリオドを打った。

 JWPの運営会社との契約を更新できず、JWPの看板を失うことに、ボリショイは「悔しい」と涙をこらえながらコメント。「もっと大きな夢を見るためには旅立たないといけない時もあるのかなと。スピリッツは消えることはないので、JWPを継承して頑張っていく」と、新たな船出への決意を口にした。今後は8月11日に新団体「PURE-J」を旗揚げ。それまでは「ドリーム女子プロレス」のイベント名で興行を行う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス