文字サイズ

プロレスラーのチャボ・ゲレロさん死去、藤波、大仁田らと死闘

亡くなったチャボ・ゲレロさん
2枚

 日本でも活躍した米国のプロレスラー、チャボ・ゲレロさんが現地時間の11日、米国で死去したと現地のメディアが報じた。68歳だった。1月に肝臓がんと診断されていた。

 ゲレロさんは、父のゴリー、弟のマンド、ヘクター、エディもプロレスラーというレスリング一家に生まれ、高校の体育教師を経て70年に米国でデビュー。ジャーマンスープレックスホールドやプランチャなどの技を武器に、NWA世界ジュニアヘビー級王座、同インターナショナル同級王座など数多くのタイトルを獲得した。75年には全日本プロレスに初来日。78年には新日本プロレスに参戦して藤波辰爾と、81年には再び全日本プロレスに参戦して大仁田厚と抗争を繰り広げるなど、日本でも人気を集めた。

 90年代に入って引退するが、04年にエディ、息子のチャボ・ゲレロ・ジュニアが参戦していたWWEでチャボ・クラシックと名乗って復帰。昨年にも来日し、8月にはファイヤープロレス旗揚げ戦で大仁田とタッグを組み、11月には全日本プロレスの両国国技館大会、東京愚連隊の後楽園ホール大会に参戦したばかりだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス