文字サイズ

女子ボクシング、神田が世界初挑戦

世界挑戦が決まった神田桃子
1枚拡大

 WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ(11月11日、東京・後楽園ホール)の会見が17日、東京都内で行われ、東洋太平洋アトム級王者神田桃子(28)=勝又=が同級王者池原シーサー久美子(30)=フュチュール=に挑戦することが発表された。同日はメーンで高野人母美=協栄=が世界初挑戦するWBO女子世界スーパーフライ級戦も行われる。

 神田は「このチャンスを13年間、ずっと待っていた。全力でゲットしたい」と気合十分。16歳でボクシングを始めた。虚弱体質改善のためにボクササイズを始めたのがきっかけだが、いつしかのめり込んだ。

 プロボクサーであるかたわら、漫画家志望で現在は4コマ漫画の勉強中。会見に合流した高野の似顔絵を即席で描いてみせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス