文字サイズ

小関11・14の指名試合に気合

 「ボクシング女子ダブル世界戦」(11月14日、後楽園ホール)

 ボクシングのWBC女子世界アトム王者の小関桃(31)=青木=が同級1位ノラ・カルドザ(30)=メキシコ=と12度目の防衛戦、IBF女子世界ライトフライ級8位の柴田直子(32)=ワールドスポーツ=が同級12位アロンドラ・ガルシア(18)=メキシコ=と同級王座決定戦を11月14日に東京・後楽園ホールで行うことが7日、分かった。

 具志堅用高の13度に続く、男女を通じて日本歴代2位の連続防衛記録を持つ小関は「1位、最強の挑戦者を迎えることになりました。防衛回数は意識せず、勝利することのみを考えています」と指名試合に気合十分。

 国内初のIBF女子世界戦に臨む柴田は3度目の世界挑戦で「これがラストチャンス。3度目の正直という言葉があるように、必ず勝ちに行きます。完全燃焼で燃え尽きます」と背水の陣で挑む覚悟を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス