文字サイズ

尻から空気注入で死亡…非常に危険な行為 ある意味“暴挙”

 いたずらのつもりが病院に行くような重症になり、果ては死に至ることも…
1枚拡大

 「町医者の独り言・第32回」

 先日、空気圧縮機(エアコンプレッサー)を用いて、ズボンの上から肛門に空気を入れて会社の同僚を死に至らしめるという不幸な事件をニュースで見ました。調べてみると、昨年末にも似たような事件があったようです。おそらく死亡案件ではないから大きく扱われないだけで、このような行為は頻発しているのではと想像されます。

 肛門から安易に液体、気体など注入することはくれぐれもしないで頂きたい。便秘などのために、よく行われている浣腸なども、注意をしないと状態によっては腸が破れてしまうケースだってあるのです。

 肛門から急速に空気を注入すると腸管が勢いよく膨らみます。その結果、腸が破れてしまうことがあります。また、腸は破れなくても腸管が裂けてしまい、裂けた部位から空気が血管の中に入り空気塞栓を起こす可能性だってあります。

 血管の中に空気が大量に入り込むことにより、脳、肺、心臓などの重要な血管がつまることがあるのです。最悪の場合は死に至ります。冒頭の痛ましい事件も死因は窒息でした。肛門から空気を入れられて内臓が損傷してしまい、漏れた空気が体内にたまって、最終的に肺を圧迫したのでしょう。以前、美容のために流行した高圧浣腸などでも痛ましいケースがあったと聞いています。

 また、性的嗜好(しこう)から肛門に異物を入れて取れなくなり、来院される人もいます。私は、20cmのヘアームースの缶を取り出した経験があります。その時は、腸が破れずに済んでよかったのですが、破れていれば緊急手術となり生命に及んでしまう危険な行為でした。

 繰り返しになりますが、このような行為は、非常に危険であるということを改めて理解して頂きたいと思います。以前、バラエティー番組でお尻からガスを入れて笑いをとるのを見たことがあります。それらを真似て悪ふざけで空気注入したのであれば、医師の立場からすると、とんでもない“暴挙”だと言わざるをえません。

 液体や空気など、一見すると身体に大きな害がないように思えてしまうのかもしれませんが、通常の生活においてあり得ない行為をすることは本当に危険なのです。ほんの悪ふざけ、いたずらで多くの人の人生が変わってしまう可能性がある。そのことを忘れないでほしいと願います。

 ◆筆者プロフィール 谷光利昭(たにみつ・としあき)たにみつ内科院長。93年大阪医科大卒、外科医として三井記念病院、栃木県立がんセンターなどで勤務。06年に兵庫県伊丹市で「たにみつ内科」を開院。地域のホームドクターとして奮闘中。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    医療コラム最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス