文字サイズ

ヤクルト・石川 40歳代初勝利を呼んだ執念のフィールディング!

執念を感じるフィールディングだ!2回DeNA2死、足元を襲うロペスの打球にグラブを出し、はじききながらも投ゴロに打ち取るヤクルト・石川雅規=30日、横浜スタジアム(撮影・開出牧)
2回DeNA2死、足元を襲うロペスの打球にグラブを出し、はじいて三塁側に転がった打球を素早く拾うヤクルト・石川雅規=30日、横浜スタジアム(撮影・開出牧)
2回DeNA2死、足元を襲うロペスの打球にグラブを出し、はじいて三塁側に転がった打球を素早く拾い一塁へ送球するヤクルト・石川雅規=30日、横浜スタジアム(撮影・開出牧)
3枚

 執念を感じるフィールディングだった。30日、横浜スタジアムで行われたDeNA-ヤクルト20回戦に先発して5回2/3、2失点の好投で今季初勝利を挙げたヤクルト・石川雅規投手(40)である。

 2回2死、DeNA・ロペスを投ゴロに打ち取った。足元を襲う打球にグラブを出し、はじきながらも素早くボールを拾い一塁へ送球。ランナーを出すまいという“執念”を感じた。

 12球団の開幕投手の中でただ1人勝ち星がなかった。初回無死一塁で青木の進塁打となる一ゴロでチャンスを広げ、山田の右犠飛でDeNAの先発・上茶谷から先制点を奪った。エースをなんとか勝たせたいという思いが伝わってくるチームバッティング。それに応えるかのような石川のフィールディングだった。

 3回には1死一塁から青木と山田が連打で追加点を奪い、さらに村上が左越え3ランで援護。6回に連続適時打を許し降板したが、リリーフ陣が踏ん張り、DeNA打線の追撃をかわした。

 5回まで1安打無失点の好投。巧みな投球術と勝利への執念が、最下位に沈むナインの気持ちを一つにした。入団から19年連続となる白星。球団史上4人目の40歳代勝利。秋の夜長にふさわしい、“ベテランの味”だった。(デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カメラマン発最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス