文字サイズ

【競馬】凱旋門賞をルメール、福永、和田竜が分析

クリストフ・ルメール騎手
3枚

 JRAによる海外馬券発売の第1号は16年の凱旋門賞。今から5年前のことだ。当時の売り上げは約41億円。その後は34億円(17年)、24億円(18年)、41億円(19年)、27億円(20年)と推移はあるが、1年間で最も売れる海外馬券が凱旋門賞なのは変わらない。

 今年の凱旋門賞は10月3日に行われる。節目となる第100回記念はぜひ当てたい。そうは思っても、日本の競馬とは違って情報量が少なく、頭を悩ませるファンも多いだろう。そこで栗東トレセンで取材した馬券攻略に役立つ情報をお届けしたい。

 凱旋門賞に11度騎乗し、このレースを知り尽くすクリストフ・ルメール。シーザリオ、ジャスタウェイなど海外G1の勝利実績があり、馬やレースの分析に定評があるダービー3勝ジョッキー・福永祐一。そして、今回参戦のディープボンドの主戦で、アイルランドのオブライエン厩舎を手伝った経験があるなど海外競馬通として知られる和田竜二。この3人の騎手に直撃。日本馬と外国馬を分析してもらった。

 グランプリ3連覇のクロノジェネシスは、宝塚記念からのぶっつけで挑む。「休み明けになるけど、コンディション良く走るには、いいプランだと思う。トライアルを1回使って疲れるよりもいい」とはルメールだ。これまでセオリー通りに前哨戦を使っても本番を勝てなかった日本馬にとって、今回の策は功を奏するかもしれない。

 パリロンシャン競馬場の馬場にフィットするのか。そして、能力は通用するのか。この点について福永は「極端な言い方ではあるけど、日本が100メートル走なら、フランスは100メートルハードル。走破時計が違う以上、求められる要素も違う。路盤が異なるから、雨が降れば水が滞留する。ドバイや日本のように水はけが良くない。凱旋門賞を勝ったバゴの産駒といっても、こればかりは走らせてみないとわからない。ただ、2500メートルまでならクロノジェネシスは日本ではトップ。あとは馬場がフィットするかどうかに尽きる。競馬が上手だし、力を出し切れば遜色ないんじゃないかな」とジャッジする。特殊な馬場さえ克服すれば、馬のレベルは互角という見解だ。

 前走の宝塚記念で北村友一の代打騎乗を務めたルメールはこう話す。「すごくいい馬。バゴ産駒でパリロンシャンの馬場も合います。ドバイでミシュリフと接戦の2着。そのミシュリフがキングジョージで2着、インターナショナルSを勝ちましたから。凱旋門賞で乗りたかった。乗れば勝つ自信があります。コロナが憎いです」。帰国後は2週間の隔離となるため、渡仏を断念したが、後ろ髪を引かれる思いのよう。勝つ自信がある-。その言葉は日本のファンにとって心強い限りだ。

 一方、ディープボンドは前哨戦のフォワ賞を快勝して挑む。出国前の8月18日に栗東坂路での追い切りに騎乗した和田竜は、「調教でうまく気が抜けていてフワフワと走れていた。走り方が良くなっていたのと体調の良さを感じた」と送り出した時の感触を振り返る。逃げ切ったフォワ賞の内容には「パドックも日本と同じように気合が入っていた。スタミナ勝負に強いから、前走の走りができれば面白い」と脈アリを強調。さらに「クリスチャン・デムーロは適任かも。思い切りが良くて迷いがない。破天荒なのがいい。だから、海外であれだけ活躍できるんだろう」とエールを送った。

 フォワ賞はルメールの目にどう映ったのか。「キズナの子は使いながら大人になっていく。ロンシャンの馬場は合います。ただ、前走はマイペースで走れたけど、凱旋門賞はペースもアップする。流れた時にどういう反応ができるか。でも、トップ5には入ると思います」。うまく運べば、馬券圏内も十分にありそうだ。

 ライバルの外国馬についてはどうか。注目されるのはスノーフォール。日本で産まれ、アイルランドで調教されたディープインパクト産駒だ。福永は「ディープ産駒といっても、欧州で走り慣れているからね。海外を転戦したディアドラの走り方が変わったように、走り慣れてさえいればディープだって凱旋門賞を勝っていたかもしれない」と語る。さらに和田竜は「日本のディープ産駒とは違うと思う。母父ガリレオのスタミナに、ディープのスピード。ヨーロッパはそういう計算のもと配合するし、馬を買っている」と分析する。

 スノーフォールは前走のヴェルメイユ賞でまさかの2着に敗れた。その敗戦によって、海外ブックメーカーによる人気が急降下した。ただ、和田竜は「あくまでもステップレース。用意したラビット(逃げ馬)がラビットの役割を果たしていないし、時計も遅かったから。エイダン・オブライエン調教師はああいうレースの使い方をするけど、本番になったら違うよ」と不安説を一蹴した。

 「スノーフォールが一番強い」。こう言い放つのはルメールだ。自身がクロノジェネシスに騎乗するなら、警戒すべき最有力候補だという。「前回はロンシャンが初めて。それにトライアルだから、フランキー(デットーリ)は軽い騎乗をしていた。今度はパワーアップして結果を出す。英オークスや愛オークスが、すごく強かったでしょ。あれが本当の強さ」。ルメールの見立て通りなら、この馬がやはりV候補の筆頭か。

 他の外国馬も気になるところ。ルメールが「めちゃくちゃ強い」と有力候補の1頭に挙げるのがタルナワだ。和田竜がさらに掘り下げる。「愛チャンピオンSでタルナワは2着だったけど、直線で(勝ったセントマークスバシリカに)外へ張られていた。今回はスミヨン効果があるかもね。あと、アダイヤーとハリケーンレーンのゴドルフィン2頭。アダイヤーは英ダービーが楽勝やったし、キングジョージも強かった。ゴドルフィンは本番で攻めてくるから面白い」。毎年のことながら外国馬の壁はかなり厚そうだ。

 どうしても紙面ではスペースに限りがあり、伝え切れなかったジョッキーたちの見立て。ここでは余すことなく書き記したつもりだ。さて、予想はどうしたものか。取材後、3人のジョッキーの分析に基づき、レースVTRを何度も見直した。◎○▲までは決まった。私の印はレース当日のデイリースポーツ紙面で確認してもらえればと思う。日本の夢がかなうのか。それとも外国馬が意地を見せるのか。決戦まで予想を楽しんでもらいたい。(デイリースポーツ・井上達也)

関連ニュース

    >

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス