文字サイズ

【野球】広島に未来のクローザー候補出現 2年目・田中法がファームで成長

 入団2年目の広島・田中法彦投手(19)がウエスタン・リーグでセーブを積み重ねている。7月中旬から守護神を任され、2日現在、リーグトップの9セーブ。鉄壁のクローザーとして君臨している。

 7月12日の中日戦(ナゴヤ)で初めて抑えに起用された田中法は1回無失点で初セーブを記録。現在11試合連続で無失点登板を続けており、防御率1・10と抜群の安定感を誇る。田中法は好調の要因を「どの球種でもストライクゾーンで勝負できている。昨年より真っすぐで空振りが取れるようになり、その分、落ちる球も使えるようになった」と自己分析。永川2軍投手コーチも「どの球種でもストライクが取れているところだと思う」と、評価する。

 特に変化球の制球に磨きがかかった。武器はMAX152キロの直球だが、現在は変化球主体の投球にシフトチェンジしているという。「追い込んでからはチェンジアップやスプリットなどを投げている。カットボールは空振りが取れるので決め球にはなっている感じはある」と、緩急を織り交ぜた丁寧な投球を心掛けている。

 試合の重要な局面を任されている新クローザー。当然、責任感も生じ、プレッシャーもあるという。「毎試合僅差なので。いい緊張感というか、その中で投げられているのはいいと思う」と話す。

 緊迫した場面でも力を存分に発揮するために、意識することは対打者勝負だ。「ランナーを気にすると(上体が)突っ込みがちになってボールになってしまう。走者を出しても気にしないようにしています」。打者勝負に徹することで余計な力みが取れ、制球にも安定感が増すという。

 変化球への意識が増したとはいえ、投球の基本となるのは直球でもある。直球の球威が増せば、より変化球も生きてくる。スピードアップにも取り組んでおり目標は155キロを出すこと。「まだ遠いですが、ひとつの目標」と意気込んだ。

 173センチとプロの世界では小柄な右腕。グラウンドを離れれば、笑顔を見せながら積極的に仲間とコミュニケーションを図る人なつっこい性格でもある。先輩をイジることもあり「結構しつこい方だと思います(笑)」とちゃめっ気もたっぷり。

 目標は初の1軍昇格だ。今季1軍初出場した羽月は高卒入団の同じ年。年上ながら大盛、島内ら同期の活躍が刺激になっているという。「まずは言われた場所でしっかり投げて、チャンスがあれば上に上がりたい」。1軍マウンドへ猛アピールを続ける。(デイリースポーツ・赤尾慶太)

 ◆田中法彦(たなか・のりひこ)2000年10月19日生まれ。三重県出身。右投げ右打ち。173センチ、81キロ。背番号57。今季年俸450万円(推定)。小学1年から野球を始める。菰野高では1年秋からベンチ入りし、2年秋から背番号1。3年夏の三重大会3回戦で自己最速となる152キロを出すもベスト16で敗退した。18年度ドラフト5位で広島に入団。武器は直球だが変化球も多彩。好きなドラマはGTO。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス