文字サイズ

【野球】広島ドラ6正随、打率アップへ2軍で試行錯誤

 黙々と打撃練習に励む広島・正随
1枚拡大

 広島のドラフト6位・正随優弥外野手(亜大)が確実性アップへ向けて、2軍で試行錯誤を重ねている。入寮から約5カ月。「今までに比べたら、だいぶ打撃の形ができてきた」と語り、表情にも充実感をにじませた。

 4月はウエスタンで思うように結果が出ず、打率1割台の日々が続いた。打率アップを目指し、数々の選手の動画を見る中でヒントを得たのはメジャーリーガーからだった。

 「全体的にギリギリに足を上げる打者が多いなと。動画を見たら(投手が)テークバックを取り始めたぐらいに足を上げていた。ギリギリまで我慢して、足を上げるようにしました」

 これまでは左足を上げるタイミングがバラバラで、漠然と上げていたという。そのため「タイミングが合わなかった時に振れなかったり、完全に崩されたスイングがあった」と振り返る。現在は一貫性を持ったことで明るい兆しも見えており、5月21日・オリックス戦から打率1割台を抜け出し続けている。

 ここまでウエスタンで46試合に出場し、打率・214、1本塁打、13打点。持ち味の長打力を生かしていくためにも「今は率をしっかりと残して、この形の中で今後は弾道を上げていきたい」と、さらなるレベルアップを図るつもりだ。

 グラウンド外での意識改革も前へ進む要因となっている。4月下旬までは「ゆっくりする時間がほしくて」と食事に時間をかけず、量もほどほどにしてきた。だが「試合でおなかがすいて、野球に100%集中できない自分がいたんですよね。それはダメだなと思って」と、とにかく3食しっかりと食べるようにしたことで、パフォーマンスが上がってきたことも実感している。

 春季キャンプ、オープン戦では1軍を経験した。「オープン戦だけど試合にも出させてもらって、またあの舞台でやりたいなっていう思いがあります」。まだまだ攻守で課題は山積み。燃えたぎる闘志を胸に、理想を追い求める。(デイリースポーツ・田中 哲)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス