文字サイズ

【野球】「サイン伝達」の上を行く野球を目指して…星稜・山下名誉監督と元プロ監督の思い

 今センバツで物議をかもした「サイン盗み」問題を取材する中で、思い出したのが元プロ野球ダイエーなどの早鞆・大越基監督の話だった。数年前の取材で、元プロの技術をどう生かすのかと聞いたことがある。すると「例えばビデオで相手を解析したら丸裸にできる自信はあるけど、自分は一切しない。甘いと言われるかもしれないが、ミーティングでけん制や盗塁の癖を伝えても、選手は聞いているだけで意味がない。基本的に彼らには自分で感じて盗めと言っている」と話していた。

 「サイン盗み」についても「今はビデオの普及でいくらでも分析できる。だからこそやめた方がいい。高校生ですから」。自分にとって簡単なことだからこそ「絶対にやらない」と言う同監督は「(ビデオを見れば)逆に防ぎ方もわかるから、うちは防ぐ方を考えようと思う」と語っていた。

 今大会中で印象に残ったのは、星稜・山下智茂名誉監督の「考える野球」という言葉だった。習志野がサインを盗んでいると抗議した星稜の林監督は山下名誉監督の教え子。試合終了後に起こった騒動に心を痛め、自らも高野連に謝罪した名将だったが、この件に関しては終始「サイン盗み」という言葉を使わず「サイン伝達」と呼んでいた。

 「野球は考えるスポーツ。特に高校野球は生徒自身がその1球、その1打席の意味を考えることが必要で、そこが一番おもしろいところ」と同名誉監督は言う。相手のモーションを盗んで走る「盗塁」のように、野球は相手の隙をついたり裏をかいたり、逆に見抜かれないように隠したりと、互いに手の内を探り合う競技。打球を遠くへ飛ばす、速い球を投げるということにはある程度の素質が必要だが、「考える野球」は努力で高めることができる。どんなチームにでも取り組める。それが人間教育の一環になるという理念が、同名誉監督にある。

 「サイン盗み」の問題は、それを打者に「伝達」してはいけないとルールに明記されている中で「伝達」すること。それは「考える野球」を突きつめた先にあるのではない。「伝達」されることで、むしろ「考えない野球」へと変換してしまうのではないか。

 同名誉監督が一般論として語っていた「その(サイン伝達の)上、さらに高度な野球をすればいい」という言葉の意味は、大越監督の「自分で感じて盗め」という言葉にもつながる。ルールの中で考えること、見抜くこと自体は否定されるべきではないと思う。

 高校球界の重鎮と元プロの監督。2人の基本は、ともに「選手に考えさせる」こと。ジレンマは多々ある。ただ、それでも勝利を目指しながら「上を行く野球」を模索し続けることは、高校野球の使命に思えてならない。(デイリースポーツ・船曳陽子)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス