文字サイズ

藤森由香 7位も悔いなし「やり切ったかなという気持ちでいっぱい」スノボ女子

 女子ビッグエア決勝を終え、撮影に応じる藤森由香(左)と岩渕麗楽=平昌(共同)
 女子ビッグエア決勝 3回目の演技の着地で尻もちをつく藤森由香=平昌(共同)
2枚2枚

 「平昌五輪・スノーボード女子ビッグエア・決勝」(22日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 4度目の五輪出場となった藤森由香(アルビレックス新潟)は7位に終わり、メダル獲得はならなかった。1回目に「バックサイド900」を決め、82・25。この時点で3位の好位置につけ、両手を突き上げ、喜びを表現した。

 表彰台を狙うにはさらにポイントの加算が必要で、2回目、3回目は大技「フロントサイドダブルアンダーリップ900」を繰り出した。だが、いずれも着地に失敗し、得点が伸びなかった。

 31歳で迎えた4度目の五輪。攻めの姿勢を貫き続け、「自分の中でできる最高の技を出したかった。思っていた結果には届かなかったが、決勝まで残れて、やり切ったかなという気持ちでいっぱい」とすがすがしく振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス