文字サイズ

下半身不随のスノーボーダー岡本

 今年2月に事故で腰椎などを骨折、下半身不随となり復帰目指してリハビリに取り組むプロスノーボーダーの岡本圭司(33)が、動かない足に「毎日が地獄だ」と苦悩を漏らした。

 岡本は5月末、これまでは吐かなかった弱音を、とうとうブログで字にした。

 「足はどうやっても思い通り動かない。歩けと言われても、曲がってる棒に体重かけてるみたいで体を支えられない」「歩ける見通しなんか立たないし、退院してもどういう形で生活できるかも分からない」「自分の好きなスノーボードはもう2度と出来ないかもしれないし、一生車椅子の可能性だってある。むしろその可能性の方が全然高いやろうな」

 2月7日、岡本は長野県内でカタログなどの写真撮影をしていた際、崖から転落し、ヘリで病院搬送されて緊急手術を受けた。その後、兵庫県内の病院に転院してリハビリに明け暮れる生活が始まった。

 負傷から4カ月、上半身は動くものの、いつまでたっても下半身には自分の思いが伝わらない。

 頭の中を駆け巡る苦悩が、つい字になった。

 「毎日が地獄だ」

 しかし、岡本は「家族も仲間も捨てることはできない」「死ぬことはできない」と確認した上で、つらいリハビリから逃げる道は選ばなかった。

 重い言葉を連ねたブログの最後に、岡本はある記述にたどり着いた。「ただ今日を生きるだけ。今は今日を乗り越える事だけを考える。家族を愛し、仲間を愛し、自分を愛して、ただ生きる。病んでも良いから、明日も生きよう」。岡本は自分の上半身の写真を添えた。カメラのレンズを見詰めるその目は、まだ輝きを失ってはいない。

 励ましてくれる仲間、そして夫人とまだ幼い2児の存在が岡本を支えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス