文字サイズ

葛西紀明 消極的ジャンプで自身に激怒「ゴミです。ゴミ。自分に腹が立ってる」

予選の跳躍を終え、笑顔で引き揚げる葛西紀明=平昌(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ラージヒル・予選」(16日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 ノーマルヒルで日本勢最上位の7位入賞を果たすなど好調の小林陵侑(21)=土屋ホーム=がこの日最長不倒となるヒルサイズ超えの143・5メートルを飛び、3位で17日の決勝進出を決めた。決勝ではソチ五輪の葛西紀明に続く2大会連続のメダル獲得の期待が懸かる。8大会連続五輪出場の葛西紀明(45)=土屋ホーム=は122・5メートルに終わり、22位。竹内択(30)=北野建設=が27位、小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=が37位で、日本勢は4人全員が予選を通過した。

 得意のラージヒルで低調なジャンプに終わった葛西は、自身への怒りを隠さなかった。取材ゾーンに現れるなり「ゴミです。ゴミ」と、自身のジャンプを評した。「1回目の練習でスピードが出ず、風もあまりよくなくて不安が残っていた。いろいろ考えてしまって、すごく消極的なジャンプになってしまった。予選を通ればいいっていうジャンプ。ゴミです。全然思い切りがない。自分に腹が立っている」と、まくし立てた。

 ソチ五輪では銀メダルを獲得した得意種目。巻き返せるか。「あんまりあれこれ考えても変わらない。昨日までやってきたことをイメージして、あとは風が当たってくれることを信じて飛びたい」と、逆襲を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス