文字サイズ

伊藤有希「安定」本番前に好感触 ソチ五輪は7位で悔し涙…今度こそ

 公式練習で滑走する伊藤有希=平昌(共同)
1枚拡大

 「平昌五輪・スキージャンプ女子ノーマルヒル」(12日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 ジャンプ女子でメダルを狙う伊藤有希(23)=土屋ホーム=は11日、公式練習に登場した。102・5メートルの1回目が4位で、101メートルの2回目、93メートルの3回目はともに5位。3回とも3位以内に入れなかったが「助走路の滑りが少しずつ良くなっている。テークオフ(飛び出し)、空中も安定してきている」と感触は悪くない。試合前日でも、普段通りの明るい表情で話した。

 10日の男子ノーマルヒルでは所属先の後輩の小林陵が初出場で7位入賞。岩渕らと選手村でテレビ観戦したそうで「いい勢いがついたと思うし、パワーをもらった」と刺激になった様子だった。

 ソチ五輪は7位で悔し涙を流した。「4年間ここまで準備してきた。あとは気持ちをしっかり整えて臨みたい」と本番を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス