文字サイズ

魚の死骸が落下 阪神-ヤクルトが中断

グラウンドに落ちてきた魚の死骸を処理する関係者=甲子園(撮影・飯室逸平)
=甲子園(撮影・田中太一)
6回、打者阪神 マウロ・ゴメスのとき、レフトの守備位置に魚の死骸が落下しほうきでで処理する係員=甲子園(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「阪神-ヤクルト」(8日、甲子園球場)

 ハプニングが襲った。阪神の六回の攻撃。2死走者なしで、ゴメスの打席。カウント1-1となったところで、ヤクルトの左翼・バレンティンがタイムをかけた。その原因は、上空から魚の死骸が落下してきたため。バレンティンは近づけないほどの怖がりぶりだった。

 3分間の中断中、ゴメスは表情を変えることはなかったが、再開後はヤクルト先発・原樹に右飛に打ち取られ、悔しげな表情でベンチに退いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス