文字サイズ

新井、初球打ちの4号2ランで2点先制

2回、先制2ランを放ちゴメスを指さしながら生還する新井=甲子園(撮影・保田叔久)
3枚

 「阪神-中日」(15日、甲子園球場)

 阪神が新井良太内野手の4号2ランで先制した。

 二回、先頭のゴメスが相手の遊撃エルナンデスの失策で出塁すると、新井が中日先発の大野が投じた初球をバックスクリーン左に運んだ。

 セ・リーグは首位ヤクルトと2位阪神が0・5差。阪神と3位巨人がゲーム差なし、勝率2毛差という大混戦で、1勝の重要性が増してきている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス