文字サイズ

上本 反撃の適時打で4試合ぶり打点

4回、左前に追撃の適時打を放つ阪神・上本博紀=甲子園(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「阪神-DeNA」(27日、甲子園)

 阪神・上本が4試合ぶりの打点を挙げた。1-3の四回2死三塁で、カウント2-2からの変化球を引っ張り、三遊間を破った。

 この回は先頭の福留がカウント3-0からの直球を振っていき、右中間を破る三塁打。しかし、続くゴメス、マートンはともに投ゴロ。無得点で終われば嫌な空気が流れるところだっただけに、貴重な適時打となった。

 阪神は、初回2死一塁からゴメスの右中間への二塁打で先制。ただ、先発・メッセンジャーは二回に2点、四回に1点を失う苦しい投球が続いている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス