文字サイズ

能見が3発、呉昇桓は2発

打撃練習で柵越えを2発放った呉昇桓(撮影・持木克友)
山本翔也の質問から始まった能見投手学校懇切丁寧に説明する能見篤先生バットを手に持っているからといっても決して体罰はありませんよ=宜野座(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「阪神春季キャンプ」(6日、宜野座)

 第2クールがスタートし、投手陣のフリー打撃が初めて行われた。

 打撃が得意な能見篤史投手が53スイング中3本の柵越えを放つと、呉昇桓投手も55スイング中2本の柵越えと、それぞれ快音を響かせた。

 呉昇桓は「(打撃練習は)気分転換にはいいかな?」と笑顔。「自分が打席に入って、そこまで期待されているとは思わないけど、状況に応じてやっておきたい」と話した。

 また、ドラフト2位・石崎剛投手(新日鉄住金鹿島)は、柵越えこそなかったものの、鋭いスイングで安打性の打球を連発していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス