文字サイズ

和田監督「何としてでも甲子園」

 「日本シリーズ第4戦、ソフトバンク5-2阪神」(29日、ヤフオク)

 阪神が延長十回にサヨナラ負け。第2戦からの3連敗でソフトバンクに王手をかけられた。

 十回裏1死一、二塁の場面で、和田監督は九回から登板の安藤に代え、守護神の呉昇桓をマウンドへ送った。

 呉昇桓は松田を詰まった二飛に抑え2死としたが、続く中村に右翼ポール際へサヨナラ3ランを浴びた。

 十回表の攻撃では阪神が西岡、鳥谷の安打などで1死一、三塁の絶好機を迎えたが、頼みのゴメスが併殺打に倒れた。

 和田監督は「何としてでも甲子園に戻って来られるよう(第5戦の)明日やるしかない」と言葉を絞り出した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス