文字サイズ

U22日本が快勝!リオ五輪へ「大和魂」

サポーターの声援に応える手倉森誠監督(右)と選手たち=ユアテックスタジアム仙台(撮影・佐々木彰尚)
後半、ゴールを決めて祝福されるFW金森 健志(左)=ユアテックスタジアム仙台(撮影・佐々木彰尚)
後半、ゴールを決めて喜ぶFW金森 健志(左)=ユアテックスタジアム仙台(撮影・佐々木彰尚)
3枚3枚

 「国際親善試合、U22日本2-0U22コスタリカ」(1日、ユアスタ)

 16年リオデジャネイロ五輪を目指すU-22(22歳以下)日本代表がU-22コスタリカと対戦。前後半に1ゴールずつ挙げ、2-0で快勝した。

 日本は前半36分、DF亀川諒史(福岡)からの左クロスを、ゴール前でフリーとなったMF野津田岳人(鹿島)がジャンプしながら右足甲で合わせ、ゴール中央ネットに突き刺して先制ゴールを奪った。

 前半を1-0とリードした日本は、後半25分に先制ゴールの野津田に代えてFW金森健志(福岡)を投入。その金森が同32分にコスタリカのパスミスからドリブルで持ち込み、2点目のゴールを決めた。

 かつてJ1仙台を率いてきたU-22日本代表の手倉森監督が“お膝元”で大歓声を浴びた。インタビューマイクを向けられ、「まずは勝てたことでホッとしてます。日本代表として日本の魂を示そうとしたが(選手たちは)まとまって大和魂を示してくれた。ゴールは2回しか見せられなかったが、きれいな得点で満足してます。(五輪予選へのテストとして)これまで積み上げてきたものは残っていたが。まだまだ上積みをしたい。これからもオリンピックチームに期待してください」などと話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス