文字サイズ

潮崎が王者杉浦撃破でGHC挑戦名乗り

杉浦の持つベルトに挑戦を表明する潮崎豪=後楽園ホール
杉浦(手前)に豪腕ラリアットを叩き込む潮崎=後楽園ホール
杉浦(右)と鈴木(左)に痛みつけられる潮崎=後楽園ホール
3枚3枚

 「プロレス・鈴木軍興行」(27日、東京・後楽園ホール)

 潮崎豪がタッグ戦でGHCヘビー級王者の杉浦貴からフォールを奪い、同王座挑戦に名乗りを上げた。

 丸藤正道と組んで、ノアマットを蹂躙する鈴木軍の杉浦、鈴木みのる組と相まみえた潮崎は、“敵地”の大ブーイングを浴びながら、場外ラフファイトも交える鈴木軍の厳しい攻めに苦戦。だが、この日のセミファイナルで鈴木軍の飯塚高史と両者反則の死闘を繰り広げた新日本の矢野通が加勢に入り、鈴木をテーピングで場外フェンスに固定すると、リング上は潮崎と杉浦の一騎打ちとなり、最後はゴーフラッシャーから豪腕ラリアットをたたみ掛けて3カウントを奪った。

 試合後、潮崎は「オレはプロレスリング・ノアを守るために戻ってきました。今はどんな声があっても受け入れます。ただ、杉浦、オレがお前から取ったぞ。分かってるな。次はオレが挑戦だ!!」と、杉浦に向かって挑戦をアピール。「ノアに再び戻ってきたときは、GHC(のベルトを)を必ずオレが巻いて鈴木軍からノアを守りたいという気持ちは常にあった。オレがノアに戻って最初に行ったことにウソはない。オレが行かないと、オレ自身この先がないと思うし、今、動くべきだと思っている」と、12年1月以来の同王座返り咲きに闘志を燃やした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス