文字サイズ

堀調教師がドゥラメンテの現状を発表

宝塚記念2着後故障を発生したドゥラメンテとうなだれながら引き揚げるM・デムーロ(26日、阪神)
1枚拡大

 宝塚記念(26日・阪神)で2着に入線後、馬場に脚をとられてバランスを崩した際に故障を発生したドゥラメンテ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)の現状を27日、堀宣行調教師がJRAを通して発表した。

 発表によると、滋賀県の栗東トレーニングセンター内の診療所で再度検査を行った結果、球節下面および繋(つな)ぎ裏面の複数の靱帯(じんたい)、腱に内出血とそれに伴う炎症が確認されたという。

 堀師は「入線後、馬が減速していくなかでバランスを崩し、自身の後肢が左前肢に乗りかかかってしまい打撲してしまったようです」とアクシデントが起こった経緯も説明。

 所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページによると、痛み止めの効果で痛み自体は和らいでおり、28日には滋賀県のノーザンファームしがらきへ移動。堀師は「経過観察と治療を行っていきたい」としている。

 レース直後には左前肢ハ行と診断され、サンデーレーシングの吉田俊介代表は凱旋門賞挑戦の断念を発表している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス