文字サイズ

ダノンメジャーは調教再審査に

 「共同通信杯・G3」(15日、東京)

 横山典弘騎手との初コンビで臨んだダノンメジャー(牡3歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)は5番人気の評価を受けて好位を追走したが、勝ち馬リアルスティールから6秒2差の最下位12着に敗れた。

 橋口調教師はレース後、「道中で手前を変えようとしたところでガクンとなったようだ」と状況を説明。「そこからは無理をしなかったみたい。いいポジションにいたので残念だが、(横山典騎手の)早めの判断がいい方へ向いてくれたらいいね。大事には至っていないと思う」と語った。なお、競走中に異常歩様となったことについて、JRAは平地調教再審査を科した。

 同馬は新馬-野路菊Sとデビュー2連勝を達成し、続くG3の京都2歳Sでも首差の2着。前走のホープフルSは1番人気で9着に敗退も、今回、巻き返しが期待されていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス