文字サイズ

【みやこS】インカンテーションが完勝

先に抜けたナムラビクター(左)を外から捉えるインカンテーション(右から2頭目)=京都競馬場(撮影・石湯恒介)
1枚拡大

 「みやこS・G3」(9日、京都)

 後方でじっくりと構えた2番人気のインカンテーションが、直線で外から鮮やかに末脚を伸ばし完勝。昨年のレパードS以来となる重賞2勝目を飾り、チャンピオンズC(12月7日・中京)への優先出走権を獲得した。

 鼻差2着に敗れた昨年の雪辱を果たすと同時に、これでオープン特別2勝を含む3連勝を達成。大野拓弥騎手は「思ったほど行けませんでしたが、手応えは終始楽。直線での反応も抜群でしたね。収穫のあるレースができました」と大きくうなずく。「この勢いでG1に臨みたいですね」と、本番を見据えた。

 1番人気のクリノスターオーは2番手で折り合ったが、後続に早めに来られる展開も響き5着確保が精いっぱい。2着は、中団から馬群をさばいた3歳馬ランウェイワルツが半馬身差で確保し、3着にはナムラビクターが続いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス