文字サイズ

朝ドラ宜ちゃん 美少女素顔に騒然

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」にヒロイン・あさ(波瑠)の娘・千代(小芝風花)の親友・田村宜(のぶ)役で出演中の女優・吉岡里帆(23)が12日、滋賀県大津市で行われた恒例行事「第61回びわ湖開き」に参加し、遊覧船・ミシガンの1日船長を務めた。無愛想だが勉強熱心なメガネ娘の「のぶちゃん」役で人気となっているが、この日はメガネを外して登場。会場では方々で「かわいい」の声があがり、ザワついた。

 セレモニーで挨拶に立った三日月大造・滋賀県知事も「きょうは『あさが来た』の田村宜役の吉岡里帆さんが、メガネかけて来られるのかと思ったら、また違った印象でご臨席いただきました」と紹介した。

 吉岡は朝ドラに2月6日から登場。ネット上などでは「可憐だ」「誰だこの娘は」と注目を集め、ディーン・フジオカが演じた五代友厚など、次々に人気キャラが登場した同ドラマの“最終兵器”との呼び声も。将来のブレークを予想する声もあがり、週刊誌が「ポスト新垣結衣」と報じている。

 吉岡は、この日「どうしてもお芝居を続けたくて、必死になってました」と1年前までは、故郷の京都を中心に小劇場に客演で出演していたことを明かした。奇遇にも、この日、1日船長として船が寄港して花束贈呈を受けた湖畔の大津プリンスホテルで、昨春まで上京資金をためるためにアルバイトしていたことも告白。「泣きそうでした。料理長とか、私に厳しく接客を叩き込んでくださった人たちがいて。こういう日が来たのは感慨深いです」と喜んだ。

 役柄が人気を博し「これからの芸能活動はメガネをかけてやったほうがいいんじゃないかというアドバイスが多方面から来てます」と笑顔で語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス