文字サイズ

菅田将暉 女装美男子役のため骨格矯正

舞台あいさつに登場した菅田将暉=東京・新宿ピカデリー(撮影・開出 牧)
1枚拡大

 女優・能年玲奈(21)がクラゲオタク役で主演した映画「海月姫」(12月27日公開)のワールドプレミアが18日、都内で行われ、能年、童貞エリート役の長谷川博己(37)、女装男子役の菅田将暉(21)らが出席した。

 モデル顔負けの女装美男子を演じた菅田は「頑張りました。毛をそり、エステにも通い、骨格矯正やら、ヒールもはいたり、一生懸命やったんで」と、涙ぐましい努力を振り返った。インターネットのニュースサイトで自身の女装がトップに上がった時には「女装でトップか?すごい世の中だな。もっと他にねえのか?」と驚いたという。

 三国志オタク役の太田莉菜(26)は「菅田君はホントに時間かけて美しく作られていく。私はメークルームに入って一瞬で終わってノーメーク、着替えも一瞬。ホントにごめんねっていう毎朝でした」と苦笑い。

 和物オタク役のアジアン・馬場園梓(33)は「プレッシャーでメバチコ(ものもらい)がパンパンにできましたね」、枯れ専(老けた男性に萌える女性)役の篠原ともえ(35)は「役が入ってきたのか、おじさんを見るとムラムラ…じゃなくて萌え萌えする自分がいました」と明かした。

 また、運転手役の速水もこみち(30)は、料理上手で知られるだけに「クラゲにはオリーブオイルはあまり合わないと思います」などと、クラゲ料理について熱弁をふるっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス