文字サイズ

保田圭 安室奈美恵になりたかった

 元モーニング娘。の保田圭(32)が14日、関西テレビの情報番組「たかじん胸いっぱい」に出演した。

 アイドルの歴史を振り返るコーナーで保田は、アイドルであるにもかかわらず、共演者からいじられるようになり“いじられるアイドルのパイオニア!?”と紹介された。

 同局の藤本景子アナから「自分でもまさかこうなるとは思ってなかったですよね?」と話題をふられると保田は「(モー娘。に)入った時点では、わたしは安室奈美恵さんになりたかったんです」と真顔で話した。いじられキャラが確立しているため、まさかの発言に共演者からは笑いが漏れた。

 続けて保田は「だから、まさか自分が将来落とし穴に落とされるとは思わなかったんです。そんなことやるようになるとは夢にも思わなかった。結果的にグループの中で目立つためにはどうすればいいかやっていくうちにこうなってしまったという感じです」と熱く語り、バラエティー番組でスタッフが仕掛けた落とし穴に落ちるようになるとは全く考えていなかったことを明かした。

 番組MCの松尾貴史が「そのおかげで自分のポジションができた?」と尋ねると保田「そうですね。今は楽しいですけど」と話し、当初はあまり楽しくなかったように語った。

関連ニュース

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス