文字サイズ

HKT指原 整形疑惑も激太り説も否定

 HTK48の指原莉乃が10日、東京・赤坂の豊川稲荷で主演映画「劇場版 ミューズの鏡 マイプリティドール」(29日公開)の大ヒットを祈願し、季節はずれの豆まき大会を行った。

 6月にAKB48からHKTに“出直し移籍”した指原が、自分についた“鬼”を追い払い、映画のヒットという“福”を招き入れるために催されたイベント。会場では、ヘタレキャラの指原ならではなのか、“指原1人ではマスコミ動員力が弱い”と苦肉の策?で企画された季節はずれの豆まきだったことまで説明されるサービスぶりだった。

 こんな時も、マイナスな話でがんばって盛り上げてしまうのが指原。いきなり、「私、巷では“激太り”とか“整形”とか言われてるみたいで、お母さんにまで『整形したの?』って聞かれてしまいました」とインターネット上での話題に自ら触れた。

 「体調のいい時と悪い時があって」と身体がむくみやすい時もあることを説明し、「太ってるどころか、HKTに行って逆にやせました」と告白。ネット上で話題になっていた“HKT移籍のストレスで激太り”説を否定し、「これは書いてください!」と訴えていた。

関連ニュース

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス