文字サイズ

オリ・近藤大、肩に違和感 抹消も

力投するオリックス・近藤大亮=西武プリンスドーム(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「西武9-5オリックス」(26日、西武プリンスドーム)

 オリックスのドラフト2位・近藤大亮投手(パナソニック)のプロ初登板初先発初勝利の夢はあと一歩のところで消えた。終わってみれば3回4安打1失点で自責点は0。なぜ勝てなかったのか、なぜ交代だったのか-。

 初回に5点の援護をもらいマウンドへ向かった。先頭の秋山を左邪飛に打ち取るが、栗山、メヒアに連打を浴び1死一、二塁のピンチ。ここで中村をスライダーで空振り三振に斬ると浅村を中飛に打ち取り事なきを得た。

 二回はモレルの2失策で足を引っ張られるが無失点。三回は1死一塁から中村を遊ゴロに打ち取るが中島が失策。2死までこぎ着けるも坂田に右前打で初失点を喫してしまった。

 それでも4点リードだったが、ベンチは非情の交代を命じた。チームはその後、継投に失敗し逆転負け。ならば続投していればとなるが、福良監督は「あそこがいっぱいでしょう。全然ボールのキレもなかった。始めから力がなかった」と話した。なんとか持ちこたえてはいたが、本来の球威は見られなかった。

 近藤大が降板後、明かした。「肩に違和感があった。投手コーチから“1年間は長いんで”と言われ大事を取って降りる事になりました。自分としてはもっと投げるつもりでいましたが…」と話した。

 150キロ近い球速だけでなく、空振りの取れるボールが最大の武器。この日はスピードもなく、直球で空振りも取れなかった。本来の投球が見られない以上、ベンチの交代の判断も致し方ない。

 次回の登板については「首脳陣の判断なので」と話した近藤大。大事を取って登録抹消の可能性も出てきた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス