文字サイズ

専大松戸8強入り 原が7回10K完封

 「高校野球・千葉大会5回戦、専大松戸8-0我孫子東」(21日・QVCマリンフィールド)

 昨年の準優勝校で甲子園初出場を狙う専大松戸が、七回コールド勝ちで8強入りした。今秋ドラフト候補右腕の原嵩(しゅう)投手(3年)が今大会初先発し、4安打10奪三振で完封した。

 最速145キロを計測した直球は伸びがあり、鋭いスライダーも有効。「今日は直球が走っていた。最終回が一番良かった」と、笑顔を見せた。持丸修一監督は「初めからこの試合を一番大事にしていて、原で行こうと思っていた。外角にはねるようなボールが来ていたのでOKです」と、エースに合格点を与えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス