文字サイズ

大谷翔平、満塁機10打席連続無安打 味方先発乱調で4連勝ならず

レンジャーズ戦の4回、バットを折られ中飛に倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
2枚

 「エンゼルス2-7レンジャーズ」(20日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は「5番・指名打者」で出場し、3打数無安打1打点、1四球。打率を・196(138打数27安打19四球)とした。チームは先発テラーンが2回途中3失点の背信投球で連勝は3で止まった。

 7試合ぶりにスタメン出場した前日の試合で6号ソロを含む2安打を記録した大谷。打順を一つ上げて臨んだこの日の試合は二回の第1打席で新人右腕コディに三振を喫した。カウント1-1から内角球にバットを折るファウルで追い込まれ、フルカウントに持ち込んだ後、内角140キロチェンジアップを見極めて一塁へ歩きかけたが、球審はストライクと判定した。

 エンゼルスは先発テラーンが2回途中3失点KO。リリーフ陣も失点を重ね、4点ビハインドとなった四回1死の打席はカウント1-1から内角151キロにふたたびバットを真っ二つに折られて中飛に倒れた。

 1-5の六回の打席は1死満塁の絶好機。2番手左腕キングとの対決は初球、内角高めに外れたスライダーを見送った後、内角150キロシンカーを打ったが、ボールの上を叩いた打球は一塁線際でバウンドして一ゴロ。一打同点のチャンスだったが、三塁走者を還して1打点にとどまった。これで今季の満塁での打席は7打数無安打。昨年8月11日のレッドソックス戦での2点適時打を放った後、10打席連続ノーヒットとなった。

 5点を追う九回の打席は4番手左腕アラードから四球を選んで出塁。しかし、後続が倒れて反撃にはつながらなかった。

 エンゼルスの連勝は3でストップ。6試合を残し、プレーオフ圏内の地区2位アストロズとのゲーム差は4・5に広がり、さらに厳しい状況となった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

大リーグ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(大リーグ)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス