文字サイズ

MLB元盗塁王クロフォード、元カノ暴行容疑で逮捕 3週間前は自宅プールで2人溺死

 レイズなどで活躍し、盗塁王4回、通算480盗塁の記録をもつカール・クロフォード氏(38)が元交際相手への暴行容疑で逮捕されたと4日(日本時間5日)、AP通信が伝えた。保釈金は5万ドル(約550万円)だという。

 ヒューストン警察が提出した供述書によると、クロフォード氏は5月8日に元交際相手のガブリエル・ワシントンさんの家を訪れ、弾が装てんされていないピストルを突きつけて交際相手の男性の情報を要求。ワシントンさんの証言によると、同氏はワシントンさんを床に押し倒したり、壁に頭を叩きつけて首を絞めたりしたという。

 2人の間には1歳の娘がおり、近づいてきた子供に同氏が動揺した隙にワシントンさんは逃げ出して警察に通報。クロフォード氏はその場から逃走した後も携帯電話へ脅迫文を送ってきたという。

 ワシントンさんへの暴力行為から8日後の5月16日にはヒューストンにある同氏の自宅プールでミュージックビデオの撮影スタッフ関係者の女性と5歳の男児が溺死。不可解な事故として話題になった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス