文字サイズ

大谷、日本ハム時代の同僚マーティンとの再会喜ぶ フリー打撃7本柵越え

日本ハム時代の同僚だったレンジャーズのマーティンとの再会を喜ぶ大谷(撮影・小林信行)
1枚拡大

 「エンゼルス-レンジャーズ」(25日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)がレンジャーズ戦(26日午前11時7分開始)に「3番・指名打者」で出場することが発表された。

 試合前の大谷は前日に続いてキャッチボールを行った。40フィート(約12・2メートル)から間隔を広げ、最長130フィート(約39・6)まで距離を伸ばし、計80球を投げた。打撃練習では30スイングで7本の柵越え。打撃フォームの入念に確認をしながらスイングした。

 練習後には日本ハムでチームメートだったレンジャーズのマーティンと談笑。水原通訳を交えながら約10分間、話し込んだ。

 大谷はここまで出場全14試合に3番で起用され、打率・236(55打数13安打、8四死球)。前日25日は初回に四球を選び、10試合連続出塁をマークしたが、その後の3打席は無安打だった。

 レンジャーズの先発はメジャー9年目、通算61勝の左腕マイナー。今季はここまで10試合に登板して5勝3敗、防御率2・64。64回2/3を投げて67三振を奪っている。

 大谷は同投手と昨季2度対決し、通算6打数2安打。初対決となった昨年9月4日は右肘靭帯を損傷した状態(翌日の検査で判明)で出場し、2打席連続三振を後、右中間へ本塁打。同10日の試合では三振、右中間二塁打、左飛だった。

 エンゼルスのラインアップは以下のとおり。

1番・左翼 フレッチャー 打率・299、4本塁打、18打点

2番・中堅 トラウト   打率・288、11本塁打、28打点

3番・DH 大谷     打率・236、2本塁打、8打点

4番・一塁 プホルス   打率・232、8本塁打、24打点

5番・二塁 ラステラ   打率・301、12本塁打、31打点

6番・遊撃 レンヒフォー 打率・174、0本塁打、1打点

7番・右翼 カルフーン  打率・222、9本塁打、26打点

8番・三塁 コザート   打率・120、0本塁打、7打点

9番・捕手 ガルノー   今季初スタメン

   投手 スカッグス  4勝4敗、防御率5・01

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス