文字サイズ

MLBカージナルス、監督ら首脳陣3人を電撃解任 13~15年に地区3連覇

解任されたマシーニー監督
1枚拡大

 米大リーグ、カージナルスは14日(日本時間15日)、マイク・マシーニー監督とジョン・メイブリー打撃コーチ、ビル・ミューラー打撃コーチ補佐の3人を解任したと発表した。チームは47勝46敗でナ・リーグ中地区の首位カブスと7ゲーム差の3位。ワイルドカード争いは4ゲーム差で“射程圏内”にいる。

 現役時代は捕手として活躍したマシーニー氏は11年オフに球団の第49代監督に就任。1年目の12年はワイルドカードでプレーオフに進むと、13~15年は地区3連覇を果たし、13年にはワールドシリーズにも進出した。

 しかし、16年以降は同地区のライバル、カブスやパイレーツの台頭により、2年連続でプレーオフ進出を逃し、就任7年目の今季も勝率5割を維持するのがやっとの状態で苦しい戦いを強いられていた。通算戦績は591勝473敗(勝率・555)。

 マイク・シルトベンチコーチが監督代行を務める。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス