文字サイズ

イチロー苦悶…同僚と交錯、右脚と腰を負傷 練習後に“解雇通告書”イタズラも

 〈左から右へ連続写真〉外野の守備練習中にバーンズ(右)と接触し痛がる様子のイチロー(共同)
3枚

 「マーリンズ春季キャンプ」(21日、ジュピター)

 米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手(43)が21日(日本時間22日)、フロリダ州ジュピターで行われているキャンプの守備練習中に同僚と交錯し、右脚と腰を負傷した。今後は別メニューで調整していく予定だが、練習後は主力選手たちが“加害者”に仕掛けたイタズラに加わるなど、その表情は明るかった。

 右膝上部にできた直径3センチ大のこぶが痛々しかった。予定されていたフリー打撃を回避し、電気治療を受けたイチローは状態を問われ、苦笑しながら「大丈夫じゃないっすよ!」と言い放った。

 フィールドに緊張が走ったのは、外野の守備練習中。右中間の飛球に対して中堅・イチローが声を出し、落下地点に走り込む。チームの決まりで捕球の優先権は中堅になる。ところが、右翼のバーンズが譲らず、2人は交錯。相手の左膝を右脚に受けたイチローは苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 「本当は(痛めた)直後にやめようと思ったけど、(バーンズが)かわいそうでしょ」。右脚を引きずりながらも守備練習を継続したのはイチローの優しさだった。

 練習後のクラブハウスでは主力選手がバーンズにイタズラを仕掛けた。ロッカーにあった私物をすべてバッグに詰め、ゴードンが「お前はクビだ!韓国での幸運を祈る」と書いた紙を貼った。「こういうの、アメリカっぽい。面白い」。ブラックジョークに爆笑したイチローは“解雇通告書”に自分のサインを入れて加担。重い空気が一掃された。

 腫れた右脚以外には「腰も(痛みが)ちょっときてる。そっちの方が後々心配」とイチロー。開幕まで時間があるのは不幸中の幸い。今後は患部の状態を確認しながら別メニューで調整していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる