文字サイズ

京都のライブハウス存続のため、マスクを制作・販売

関西のカルチャーシーンを発信してきた木屋町の多角的アートスペース「UrBANGUILD(アバンギルド)」(京都市中京区)が、オリジナル布マスクの販売を4月6日から開始した。

音楽を中心に、演劇、ダンス、食のイベントなどを開催・企画する同店は、新型コロナウィルス感染拡大防止のためイベントを自粛。経営存続の活動のひとつとして、過去に作ったオリジナル手ぬぐいで布マスク(500円)のリメイクをスタートした。スタッフと、同店のイベントに関わる舞台関係者も生産チームに加わって制作中だ。

ブッキングマネージャーの須藤亮太郎さんは、「クラウドファンディングも考えたが、今はみんなが苦しい状況。イベント活動ができないなかで、自分たちができることを考えた時に需要が高いマスクを作ろうと。少しでもスタッフや関係者の収入の足しになれば」と話す。

マスクは、現在3週間以上待ちになるほど人気に。ほかにも、活動を再開した際に利用できるようワンドリンク付きのアイテムなどを公式サイトで販売している。

また、4月8日に、同店のイベントに出演するアーティストら主導の「KeepUrBANGUILDプロジェクト」も発足している。参加者が音楽データ、動画やグッズ、作品を販売することで支援に。今後、ライブハウスなどエンタテインメント施設が存続するためには、店側だけでなく互いに協力し合う動きが重要となってきそうだ。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス