文字サイズ

清宮、公式戦初の無安打早実は4強へ

 高校球界屈指の強打者、早実2年の清宮幸太郎が29日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた秋季東京大会準々決勝、関東第一戦に「3番・一塁」で出場して3打数無安打に終わり、入学以来公式戦初の無安打に終わった。チームは4季連続の甲子園を狙った強豪に8-4で勝った。

 清宮は第1打席で二ゴロに倒れ、その後は四球、三振、左飛、死球だった。内外角を厳しく攻められ「(球を)追いかけて形を変えてしまったのが打てなかった理由」と反省した。来春の選抜大会出場を目指し、30日の準決勝で国士舘と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      高校野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(高校野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス