文字サイズ

【2月16日の展望】スピードの持続力が生きる/共同通信杯

【共同通信杯】

 3戦して、まだ1勝馬の◎ダーリントンホールだが指数を見る限りは能力はクラシック級。近づいてきた春に向けて最低限の賞金加算が命題だろう。

 札幌2歳Sのスピード指数は407と、洋芝に加えて時計の出ないスローの競馬で切れ負けした格好で3着。直線で包まれた不利はあるが、ラスト3F37秒5、上がり指数29と決め手勝負では辛いタイプだろう。逆に前走の葉牡丹賞は同じ3着でも2歳レコードが出る流れのなかで494の高指数をマーク。スピードの持続力が武器の中距離馬ということだろう。今回は初の東京コースになるが、高速馬場でよりスピードに特化した競馬になる傾向。この馬の特徴が生きる舞台設定だけに、狙い目は十分だ。

【馬サブローコンテンツ】

・僚紙「馬サブロー」栗東支局長・竹村浩行の予想は→こちらをクリック

・“万券ハンター”こと美浦支局長・佐野裕樹の予想は→こちらをクリック

・スタッフによる予想動画「馬サブローTV」は→こちらをクリック

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    SP指数作者の馬券戦略最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・競輪)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス