文字サイズ

【競輪】村上義、魂のダービーV4

 日本選手権で4回目の優勝を果たしてガッツポーズする村上義弘
1枚拡大

 「日本選手権競輪・G1」(13日、名古屋)

 村上義がダービーV4-。直線で鋭く抜け出した村上義弘(41)=京都・73期・SS=が、4回目の日本選手権(ダービー)優勝を果たし、賞金6500万円とKEIRINグランプリ2016(12月30日・立川)の出場権を獲得した。2着には番手まくりに出た川村晃司が粘り、京都でワンツー決着。ダービー連覇を狙った新田祐大は3着に終わった。

 優勝を確信すると高々と両手を突き上げた。名古屋ダービーの女神は、またもこの男にほほ笑んだ。当所ダービーは2011、14年に続く3連続Vとなる村上。そしてダービー通算V4は吉岡稔真(引退)に並ぶ歴代最多タイ。さらに最年長ダービーVと記録ずくめの優勝だ。

 「記録は意識してないけど、日本選手権は競輪選手にとって夢の1つ。そのタイトルをまた取れたことが光栄」と喜んだ。前回の14年はSSイレブン問題による出場自粛前最後のG1で歓喜の涙を流したが、この日は最高の笑顔で名古屋のファンに健在ぶりをアピールした。

 レースは近畿の先頭を任された三谷が赤板から発進。最終ホームから番手まくりを放った川村を村上が直線で捕らえた。「(三谷)竜生と川村が頑張ってくれた」と前の2人をたたえたが、自らも最終3角で新田のまくりをブロック。さらに4角では内を突いた岩津を競り落として直線で抜け出す圧巻の走りを披露した。

 41歳を迎えてG1戦線ではベテランの域に達した。今年は年頭の和歌山記念初日に落車(ゴール後)するなど苦しい走りが続いただけに、今回の優勝に喜びもひとしおだ。「年々、苦しい戦いになっているけど、ファンの声援が後押ししてくれた」。魂の走りでファンに愛される村上。まだまだ世代交代は許さない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス