文字サイズ

【日本ダービー馬体診断】ガロアクリーク

 「日本ダービー・G1」(31日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の吉田順一(栗東)、石堂道生(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ガロアクリーク 評価C】

 胴が短く、首差しも太めで、重心の高い走り方。力強い筋肉の質感からも瞬発力に秀でた素材。前回時よりもさらにガチッとした体つきで、前肢部位が勝っているタイプ。馬体のバランスからは短距離色が濃い。完成度でカバーできる時季とはいえ、東京の二四はベストとは言い難い設定に思う。ただ、ピカピカの毛ヅヤ、馬体の張りは申し分なく、体調面に関しては非常に良さそうに映る。末脚が生きる展開なら出番があっても。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉野中(レースは川田)を背に美浦Wで5F67秒1-38秒3-12秒0(強め)。大きく追い掛けて内に潜ったが、ゴール前で気合を入れるとグンと加速。あっさりと抜け出して1馬身の先着を果たした。体の張り、ツヤともに良く、出来落ちは見られない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス