文字サイズ

【ボート】“前哨戦”から探るグランプリ優勝エンジン

 「ボートレース記者コラム・仕事 賭け事 独り言」

 今年のグランプリは6年ぶりに東京の平和島で開催される。その平和島で5日から開設66周年記念G1・トーキョー・ベイ・カップが開催され、瓜生正義(福岡)の優勝で幕を閉じた。

 このG1開催で、特にパワーの目立つエンジンが6機ほど存在していた。

 まずは瓜生を優勝に導いた25号機だ。行き足、伸びを中心にトップ級で、優勝戦をまくって制したように、最後はターン回りもパワフルだった。間違いなく上位のエンジンとして仕上がっただろう。ただし、この25号機は2連対率が低い。G1優勝エンジンではあるが、グランプリには出場しない可能性が高い。

 優出エンジンでは白井英治(山口)の68号機。初日から行き足が抜群だった。優勝戦こそインから3着に敗れたが、全部の足が仕上がっていた。

 続いて篠崎仁志(福岡)の14号機。こちらもバランス型で、全部の足が上位。課題が見当たらない印象だった。

 準優で敗れたが、権藤俊光(大阪)が使用した22号機も好気配だった。平和島の現行エンジンはゾロ目の機番に好素性が多かったが、このG1開催では22号機が目立っていた。

 伸び型に特化すると意外に伸びないが、出足、行き足中心に仕上げると、その延長で伸びも強力になる。これは平和島で噴くエンジンの特徴であり、この22号機にもそれが当てはまっているように思う。

 毒島誠(群馬)の34号機も強力だった。初おろしから安定して出ていたエンジンだが、今回も動きは良かった。毒島が3日目にFを切ったことで成績は伸びなかったが、パワーは健在だった。

 そして、何と言っても秦英悟(大阪)が引き当てた56号機。行き足、伸びに加えて、後続を突き放すターン回りも強烈。さすが、開幕前はV候補筆頭と呼ばれたエンジンだけある。今回のG1ではピット離れの悪さこそ目に付いたが、平和島のエース機と呼んで間違いないだろう。

 瓜生の25号機を除いて、これら“前哨戦”のG1で目立ったエンジンが、1億円バトルの勝敗を大きく左右するだろうと思う。グランプリ開幕の12月15日が待ち遠しい。(関東ボート担当・岡 浩司)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    レース記者コラム最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス